向いている人

誰でもなることができるわけではない

日本語教師というのは、日本語ができるからと言って誰もがなることができるわけではありません。
やはり、話せることと人に教えることというのは別問題ですので、人に教えるということになればそういう資質を持つことが大切です。
では、日本語教師になるためにはどの様な資質が必要なのかについて、みていきましょう。
日本語教師としてやっていくことができる人というのは、わりと多くの資質をクリアしています。

相手の文化を否定しないこと

日本語教師が日本語を教える相手というのは、やはり外国人であることが多いです。
外国人の場合、日本人とは文化が違いますのでまずそれを受け入れなければなりません。
自分にはあわないと考えたとしても、それを「文化の違い」で乗り切ることができるかどうか。それは本当に大切なことになります。
とくに、宗教であらそうというのは海外では多く。これは私たち日本人と違うところですね。
日本語教師目指すのであれば、、まずは「他者の文化を受け入れること」が大事なのではないでしょうか。
それが苦ではない人に、日本語教師の道をお勧めします。

コミュニケーションをとるのが好きな人

これはもう、お分かりですよね。
日本語を教える先生をするからには、やはり「日本語を楽しく教えることができる」ということが必要不可欠であるように思います。
異文化を学ぶということは、人によってはプレッシャーになってしまいがち。
それをプレッシャーと感じるのではなく「楽しい」とおもえることが、日本語教師には必要です。
やっぱり、だれでも「勉強は楽しく」という希望を持っていますからね。
「みんなで楽しく学ぶ」ということができる人に、この日本語教師になってみてほしいと思います。

「言葉」が好き

当たり前ですが、日本語が好きというひとに日本語教師になってほしいです。
「日本語は美しいんだ!この美しい日本語を、一人でも多くの人に知ってもらいたいんだ」という意識がある人に、日本語教師になってもらいたい。それはとても強く感じます。
人に教えるからには、まず自分がその言葉に自信を持てるようにするということが大切なのではないでしょうか。
日本語を愛し、日本語を広めたい!日本語ん良さをもっともっと広めたい!というひとに、日本語教師は向いているのではないか?と思います。

これらの条件をクリアしている人に、ぜひとも日本語教師を目指してみてほしいですね。