心構え

日本語を教えるときの心構えって?

日本語教師になるということは、当たり前ですが「日本語を誰かに伝える、話し方を学ばせる」ということを仕事にするということです。
そんな日本語教師になるためには、やはり覚悟も心構えも必要ということになるでしょう。
では、具体的に日本語教師になるとどの様な覚悟が必要になるのかについて、見ていきたいと思います。

日本語はとっても難しい!

まず挙げられるのが「日本語はとても難しい」ということです。
英語のことを思い浮かべてみて下さい。
文法が日本語とは違うので、英語の方が難しい…と日本人は考えてしまいがちですが、実は英語より日本語の方がずっと難しいです。
考えてみて下さい、英語がいくら難しいと言っても、覚えなければならないのはアルファベットだけですよね。
でも、日本語の場合は「ひらがな」「カタカナ」「漢字」のすべてをマスターしなければなりません。
また、言葉に関しても表現方法が本当にたくさんありますので。その表現方法をいちいち覚えるだけでも大変な苦労をすることになるでしょう。
外国からみれば、日本語ほど難易度が高い言語もそうないのです。
その様に、難しい日本語を相手に教えるということは苦労が伴いますので、「教えるのがかなり難しい」ということを意識する必要があるでしょう。

海外で生活をすることも

日本にきた外国人向けに日本語を教えるならともかく、海外に行って日本語教室を開くということに
なれば海外生活をする必要がでてきます。
日本から遠く離れた異国の地で、文化も何もかも受け入れながらやっていくことができるのかどうか。
日本語教師になるということは、このようなハードルもあるということに他なりません。
どこで日本語を教えるかにもよりますが、中には本当に日本と全く違う文化のところも多いので、それを考えれば「現地でやっていくことができるような、タフさが必要不可欠になる」ということは確実です。
仕事のためとはいえ、日本から遠く離れた異国の地であなたはやっていく自信があるでしょうか?

英語などを学ばなければならない可能性も

日本語教師というと、日本語さえわかればいいと考える人もいるかもしれません。
でも言語を教える以上、やはり他国の言葉を覚えて生徒とコミュニケーションを積極的にとることができるようにしていかなければならないでしょう。
そういった難しさもあります。

間違った日本語を教えるわけにはいかないので、日本語の勉強をする必要もありますし、とにかく簡単にできる仕事でないことは確かです。