生徒達の学ぶ姿勢

日本で働く外国の方向けの学校で日本語教師をしていた頃、生徒達が日本語を学ぶ一生懸命な姿勢に胸を打たれていました。
私も日本語教師になる為に勉強をした方ですが、日本語学校に通う生徒さん達は日々の生活の為に学んでいて、日本語を勉強すると言うよりは”言葉を覚える”と言う感じで必死です。
誰一人授業に対していい加減な生徒は居なかったので、日本語を教えるこちらもやりがいがありましたし、学ぶと言う事は本来彼らのような姿なんだなと考えさせられました。
私達日本人は中学校まで義務教育ですし、高校・大学へも当たり前のように進学している教育水準の高い国ですが、自発的に学ぶと言う意欲に欠けています。
半分嫌々勉強しているのが本当の所なので、教育水準は高いが教育に対する意識は年々低下しているのが現状です。
「何故進学したいのか」と言う問いを生徒達に投げかけると、その問いに明確に答えられる生徒は少ないのではないでしょうか。

勉学に対する姿勢

本来は勉学に対してもっとどん欲であるべき姿であるべきなのです。
日本の教育システムは優れたシステムですが、自ら学びたいと言う意識を育てたり、その意識を持った生徒に対しては力の無い教育かもしれません。
日本国内の日本語教師は、日本に住む外国の人に日本語を教える仕事です。
彼らは日本語が話せないと生活や仕事に不自由なので、なんとしても日本語が話せるようになりたいと言う気持ちで勉強しているのが伝わってきます。
試験で点数を多く取る為の勉強では決して無く、日本語の読み書きの術を学習しに来ている生徒ばかりです。
”学びたい”と言う気持ちがどういう気持ちなのか、日本で育った私達にはわかりにくい事ですが、国内で日本語教師をしていて初めてその気持ちが理解出来た気がします。

自ら学び、生きていくために必死になる姿を支える役割

日本人の私達も外国に行ってその国で生活をし、その国で仕事をして生きていく為には必死になってその国の言葉を勉強するでしょう。
決して外国の人が日本人より優れていると言うわけでは無いのですが、日本語教師は外国の人が日本語を学ぶ場に居ますので、どうしても彼らのがんばりを目にする事が多いのです。
教師をしていて生徒達が一生懸命に勉強してくれるのは嬉しい事です。
教師と言う職業は一般的に、不真面目だったり学習意欲の無い生徒に頭を悩ませるのが常ですが、日本語教師の場合はそういった事は少なくなります。
教師として生徒に不満を覚える事は少ないでしょう。
日本語教師は楽な仕事ではありませんが、よくある「自分は何故この仕事をしているんだろう」と言う漠然とした不安はありません。
日本語を学びたいと外国の人達に日本語を教える、と言う使命を持って仕事をする事が出来ますし、教師と生徒がお互いに協力して学習しやすい環境を作る事が出来ます。
日本語学校は日本語を学びたいと言う学習意欲を持った生徒の集まりです。
日本語教師として働けば、教える事や学ぶ事がどういう事か、生徒達を前に体験する事が出来るでしょう。