留学生について感じたこと

大学に日本語教師として雇われていた事があります。
その大学に通う留学生に日本語を教えるのが仕事ですが、留学生の生徒達の頭の良さには驚きました。
日本に留学に来て大学で学んでいるのですから、日常会話程度の日本語はすでにマスターしている状態です。

その上でさらに日本語を上達させる為の勉強なのですが、教えれば教えるほど内容を理解して日本語を身に付けて行くので、
さすが自分の国を離れて遠い日本にまで学びに来るような人は頭の出来が違うんだなと感心させられました。

頭の出来と言いましたが、正確には勉強の仕方を知っていると言った方が良いでしょう。
学習能力が非常に高いので、どうすれば覚えられるか、どこがポイントなのかを今までの経験から分かっており、
教えられた事を効率良く吸収するが出来るのです。

大学で出会った国費留学生たち

生徒達は世界中の国から留学に来ていて、そのほとんどの生徒が国費留学生でした。
自分の国か日本国から留学費用が出ているので、沢山の人達の中から選抜されたエリートと言えます。

正直私よりも数倍頭が良いので、こんな生徒達を私が教えて良いのかと思ったくらいです。
生徒達が優秀ですから、私も日本語を教える事が難しくありませんでした。

私の日本語の授業でみんな日本語が上達したので、大学側から良くやったと褒められたのですが、
私の力量では無く本人達の力なので褒められても何となく気恥ずかしい気持ちだったのを覚えています。

私が教えていた大学には日本語を学ぶ為の日本語学科があるわけでは無く、
留学生達は日本の学術や技術を学びに来ているので日本語がそれほど上達しなくても日常会話が出来れば充分なのです。

しかし生徒達は日本が好きで日本に敬意を持っています。
その為、もっと日本語が上手になりたいと自然に思うようです。
自発的な学習ですから好きこそ物の上手なれで、日本語の上達が早いのかも知れません。

私が大学で教えた外国人の留学生はけっこうな数になります。
その中の多くがそれぞれの世界で第一線で活躍しています。

中には帰国してすでに政府の一員として活躍している生徒も居ますので、そんな生徒に日本語を教える事が出来て光栄にも思いますね。
日本語教師に限らず、教師と言う職業をしていると教え子が出世するのは嬉しいものです。
自分の教え子が活躍しているのを知ると、自分の事以上に嬉しい気がします。

生徒を思うのは教師として当然

生徒達は自分の人生を一番に考えるべきなので、卒業後は教師の事を思い出す必要はありませんが、
教師はいつまでも生徒の事を忘れる事が出来ないものです。

自分がその生徒の人生に関わっているのですから、出世して欲しい、成功して欲しいと願うのは当たり前の事です。
これは教師と言う仕事をした事がある方で無いと分からない気持ちかも知れません。

日本語教師が教えるのは外国の人達です。
つまり世界中で生徒達が活躍してくれるわけですから、それは日本語教師の大きな楽しみと言えます。
特に大学で留学生を相手に教える時には、その生徒達の将来が楽しみなはずです。
「この子達は将来きっと出世するだろうな」と教えていて感じるはずです。