フリーランスの日本語教師

意外と多い働き方

日本語教師として活躍するなら正社員として働きたいと考えている方は、日本語学校や大学で講師として就職する道が一般的で、この他にも国際交流機関において数年単位で契約するという形で仕事をしている方もいます。
このような働き方以外にもフリーランスの日本語教師として活躍している方も多いです。

フリーランスの日本語教師が活躍しているのは企業や国際交流機関が多く、授業を実施する期間や回数が決められているため常時正社員として日本語教師を雇用するのではなく、授業が行われる時に合わせて日本語教師として指導にあたってもらうという方法で契約していることが多いです。
契約している時間に合わせて所定の場所に行って指導にあたれば良いので、その他の時間はフリーになります。
そのため他の現場とかけもちをしながら複数と契約している方が多いです。

正社員よりもフリーランスが良い理由

収入が安定している正社員としての採用枠を最初から狙っている人もいますが、正社員よりもあえてフリーランスという働き方を選んだ人がとても多いです。
日本語教師が指導をする現場によっては指導方法が全く違うため、一つの現場だけに偏ってしまうと経験値が増えないため日本語教師としてのスキルアップが望めないと考えられます。
フリーランスの場合はうまくスケジュールを調整できればいくつかの現場をかけもちして複数の現場のやり方で指導できるため、日本語教師としてのスキルがどんどんアップしていきます。
結果的に正社員として採用された人よりも高い評価を受ける日本語教師になれると考えられます。

このように向上心が高い人ほどフリーランスの道を選択することが多いです。
様々な現場を経験しながら成長した日本語教師は、フリーランスでも新規に仕事が紹介されやすくなるため、正社員よりも高い収入が見込める可能性が高くなります。

フリーランスなので自分のペースを守りながら仕事ができるという点も大きなメリットになります。
例えば育児中の女性であればフルタイムで仕事ができないため、空き時間を利用しながら日本語教師として活動したいという場合にはフリーランスはとても都合の良い働き方になります。

自宅開業も可能に

日本語教師の中には現場に出向いて指導を行なうだけでなく、自宅に日本語教室を開いて指導を行っている方もいます。
日本人の配偶者と結婚をしている方向けに日本語教室を開いて自宅で指導することも可能になります。
ただしこの場合は日本語教師としての教授歴には含まれないため、将来的に経験値をアピールする場面になった時にはあまり役立たない面もあります。
今後は個人的に日本語教室を行なう程度に留めて活動したいと考えている方には最適な方法といえます。