仕事内容について

日本語教師の仕事内容については、日本で働くか海外で働くかで違ってきます。
日本で働く場合には日本語が全く話せない生徒はマレですし、
基本的には日本語でコミュニケーションを取りながら授業を進める事が多いです。
全く日本語が出来ない状況で日本で生活するのは難しいので、
日本語を主体にした方が良いと言う意味も含まれます。

海外で日本語教師として働く場合には、学習の為に授業中の会話一切を日本語にする所も有りますが、
日本語の習得レベルによってはそれは難しいので、
その国の言葉でコミュニケーションを取りつつ日本語を教えるようになるでしょう。

日本語以外の言語も必要になってくる地域

東アジアや東南アジアでの日本語教師の求人が増えている説明をしましたが、
東アジアや東南アジアは現地の言葉が非常に複雑です。
いろんな国の文化が入っている地域なので、国によっては公用語が10カ国語くらい有るところもあります。
ですから東アジアや東南アジアで日本語教師として働く場合は、
そういった現地の言葉で日常会話くらいは出来た方が良いです。

英語が通じる地域も多いので、英語で伝えると言うのも考えてください。
東アジアや東南アジアで日本語教師として働く場合は、
現地語、英語、日本語、大体この3つの言葉を駆使して相手に意味を伝えながら日本語教育を行っていきます。
ジェスチャーで示したり、絵で描いて教えたり、そういった努力も必要になるでしょう。

海外で日本語を教える場合

日本で教える場合には日本語を主体にして授業出来ますが、
海外での場合は日本語を教える以前に教えている事を伝える必要があり、そういった難しさがあります。
ですから日本で日本語教師として働くよりも、海外で日本語教師として働く事の方が
高い能力を求められますので、海外で日本語教師として働こうと思っている方は一層の努力が必要です。

出来ればまず日本の学校で日本語教師として経験を積んでから海外に行くのがベストですが、
求人状況を考えるとそうも言ってられません。
説明しましたように東アジア東南アジアでの求人が増えている今海外で就職し、
現地で必死に日本語教師として仕事をしてスキルを高めた方が良いでしょう。

各ページへのリンク

海外での日本語教師