海外での日本語教師

海外での日本語教師を目指している方も多いでしょう。
今、東アジアや東南アジアでの求人が海外では多くなっています。
東アジアや東南アジアの地域は発展途上地域ですが、今その成長がめざましく勢いがあります。
その為向上心のある若者が多く、日本語を学びたいと思う生徒がたくさんいるのです。

アジアのめざましい成長に伴う日本語のニーズ

東アジアや東南アジアの地域には日本の企業が多く進出していますので、
日本と言う国に対して身近に思える事も日本語への学習意欲の要因になっています。
現地の人にとって日本企業で働くか日本に行って働くかであり、
アジアの生活水準から考えてかなり高い賃金を得る事が出来ますので、
豊かになりたいと言う現実的な思いで一生懸命に日本語の勉強をしています。

東アジアや東南アジアでは日本に対して好意的な国が多いです。
先の戦争で日本はその地域で欧米列強の植民地支配から地域を解放しました。
犠牲も多く痛ましい事でもありますが、
結果的には現在のようにその地域が植民地から独立する原因になりました。

ですから日本に対して好意的な人が多い地域なので、日本語を学びたいと言う方がたくさんいますし、
著しい東アジア東南アジアの成長を背景に日本語学校も増えています。
日本語教師になる為の資格を有している方で、東アジアや東南アジアで仕事をしようとすれば、
比較的他の海外で職を探すよりは採用されやすいです。
この地域で日本語教師として働きたいと思う方は応募してみてください。

海外で日本語教師は貴重な存在

もちろん東アジアや東南アジア以外の地域でも日本語教師として働く事は出来ますが、
海外で日本語教師として働ける求人はそう多くありません。
海外で日本語教師として働きたいと思う方は多いので、
どうしてもそういった人達と競争する事になり、かなりの倍率になります。

東アジアや東南アジア地域は今続々と日本語学校が出来ているので、
応募をすれば倍率も低く、日本語教師になりやすいと言えます。
今学校が出来ていて新しい働き口があるから採用されやすいのであって、これがしばらくして
東アジアや東南アジアの学校に日本語教師が行き渡ると、教師の椅子が無くなり求人が減るのです。

つまり東アジアや東南アジアで日本語学校が増えている今こそ、
この地域で日本語教師になるチャンスと言えるでしょう。
海外での日本語教師を目指すには、どの地域で日本語教師を目指すかによって難易度がかなり変わります。
今一番海外で日本語教師になりやすいのは東アジア、東南アジアの地域ですので、
この地域で日本語教師を目指してみてください。