オーストラリア

オーストラリアって日本語教師の需要はどうなの?

オーストラリアの日本語教師の需要は、わりとシビア。
オーストラリアは日本人留学生も多いですし、日本となにかと関係も深いので「日本語の需要が高い」と思われがちなのですが(実際にシドニーなどは日本人留学生がかなり多いですし)、実はこれには別な見方も多いので、注意しなければなりません。
実は、オーストラリアは世界で四番目に日本語を学ぶ人が多いと言われています。
それをきくと、「ああオーストラリアって日本語を学ぶひとが多いのね」と思われそうですが、実はこれには深い事情があります。
オーストラリアでは、小学校低学年のうちに学校のカリキュラムの中で日本語を選択する子が多いです。
これは、とくに「学びたい」と思って選んでいるわけではなくて、「日本語よさそうだからなんとなく選んでみようかなー」くらいの軽いもの。
その証拠に、年を追うごとにどんどん子供たちは日本語から脱落していきます。
日本語は難しさもあり、子供たちが学ばなくなっていってしまうというのがオーストラリアの現状だと考えて下さい。
もちろん、日本語を話すことができる大人もいますが、それは本当に一握りです。

正直なところ、オーストラリアでは「お金を払ってまで日本語を学びたい」と考える人はいないと言っても過言ではない状況…。
日本語教室はあるものの、そこで学びたいと考える人は決して少なくありませんし、かなり少数と考えた方がいいかもしれません。
「日本語教師養成講座」などがあるものの、これは現地の日本人を対象としているものになりますし、またこういった教室があるからといって日本語教師の需要が高いわけではありません。
こういった教室は、日本人からお金を徴収するためにやっているのではないか?といわれるほど、このシステムにもシビアな雰囲気が漂います。

廃業する人もいる、オーストラリアの日本語教師

とても残念なことですが、オーストラリアの日本語教師は廃業する人も少なくなく、続けていくには本当にシビアな一面があることが解っています。
オーストラリアで日本語教師をやっていくには、、かなりシビアな環境でやって行かなければならないということですね。
需要があまりないこと、あったとしてもきちんとやっていくことは難しいこと、現在オーストラリアで働いている日本語教師は非常にシビアな環境で働いているということを、しっかりと考えていきましょう。