中国

中国での日本語教師の需要って?

日本の近隣にある中国。
インドやアメリカといった国と同じくらい大きい土地をもつ中国は、日本から近い大国です。
日本から近いですし、国同士はいろいろあっても国民同士の交流は盛んなので、あちらでの日本語教師の需要は高くなっていると言われていますね。
確かに、中国から日本にやってきてしごとをするケースもありますので、「中国にいるうちに日本語を学びたい」という人も多いのかもしれません。
では、中国での日本語教師の需要はどうなのでしょうか??

待遇はいい!日本語教師の需要は高い

中国では、やはり日本語教師の需要はとっても高く、国での待遇はかなりいいとか。
確かに、今の日本と中国の関係を考えれば「需要が高い」というのはそうなのかもしれません。
あちらでは、日本語を教えてくれる教師はかなり待遇がいいとか。
ただ、「中国では待遇がいい」という話しですし、最近は中国も物価が上がっていると言われてますので、生活するのは大変かも。
特に、「中国で一人暮らしをしながら、貯金をすることは大変」と言われていますね。
ただ、日本語を学びたいと考えている若者が多いことから、熱心に授業をうける若者もたくさんいて、だからこそやりがいがある仕事になるのではないでしょうか。
中国は、日本への関心も高い国ですので、指導のしがいは大きいのではないか?と思いますよ。
ぜひ、こういったところで働いてみることも考えてみてほしいですね。

いろいろと言われる中国と日本の関係だけど

いろいろ言われる中国と日本の関係ですが、日本が好きな中国のひとはたくさんいますし、もちろん逆もそう。
日本に興味があるひとも、その逆もあるので楽しいのです。
日本人教師の存在から、日本のよさがどんどん中国に伝わると素敵ですよね。
こういったところから、国際交流が広がっていくといいなと思います。

また、日本は本当に素敵な国なので、できれば海外にもっとこの良さが伝わってほしいです。
そういうきっかけが、もっともっと増えてくれたら素敵ですよね。
いろいろと言われる日本と中国の関係の関係ではありますが、近隣の国同士は仲良くなることができるかもしれません。
小さな交流かもしれませんが、こういったところから交流をして、お互いの良さを知ることができたら素敵ですよね。国際交流がどんどんできていくことを願いたいです。
中国で活躍する日本人が、もっともっと増えてくれたら素敵ですよね。