インドネシア

日本企業に就職したい人が多いインドネシア

インドネシアといえば、バリ島などの観光地がある日本人からも人気のスポット。
だからこそ、日本とも縁が非常につよい国です。
そんなインドネシアですが、実は親日でもあるそうで、日本語を学びたいと考えるひとはかなり多いそう。
日本語を学んで、それを活かして日本企業に就職したいと考える人が多いそうです。
インドネシアと日本の結びつきは本当に強いので、だからこそインドネシアの人は「日本企業に就職したい」と考えるのかもしれません。
これは、とても嬉しいことです。
では、そんなインドネシアで日本語教師の需要はどうなのでしょうか。

日本語を学びたい人が多いから、日本語教師の需要は高い

日本企業への就職を目指す人が多いインドネシアでは、もちろん日本語教師の需要も高いです。
言葉だけが人気なのではなく、インドネシアでは日本の文化もかなりの人気なので、学生のうちから「日本語を学びたい」と考えているひとも少なくありません。
なので、もちろん日本語教師の需要も高いものになっています。
やはり、日本企業を目指すひとがおおいところで日本語教師の需要が高いということなのでしょうか。

日本語を学ぶ人口は世界第二位

実は、インドネシアは日本語を学ぶ人口が世界で第二位。
第一位は中国なのですが、二位はインドネシアなのです。
日本語に関心がある学生がどれだけ多いか、この数字からもわかるのではないでしょうか。
なぜこんなに日本語をまなぶひとが多いのかというと、日本企業が近年になりインドネシアに進出していることが原因だとか。
中国と日本の関係が悪くなってから、中国ではなくインドネシアに工場などをつくる企業がとても増えています。
なので、インドネシアでも日本企業はメジャーな存在であり、日本企業に就職するために日本語を学ぶ学生がとっても多いと言われていますね。
また、日本の文化を愛する若ものがとっても多いのもインドネシアだそうです。
日本のアニメはいまや世界で人気ですが、このアニメから日本の存在を知り、日本語を学びたいと考えるひとが多いとか。日本のアニメや漫画を自分でよんでみたいと思うひとが、学ぶそうです。
こういうきっかけから日本語を学ぼうとする人がいるというのは、大変に喜ばしいことですよね。

もちろん、日本語教師の需要は高い

こういったインドネシアなので、もちろん日本語教師の需要は高く、多くの需要が見込まれています。
もし、日本語教師として働きたいと考えているひとがいたら、インドネシアで働くことを視野にいれてみてはいかがでしょうか。