大学で学ぶ

日本語教師になる為には大学で学ぶ事も有効です。
日本語学科等の設置されている大学も多くありますので、
それらの学科で学べば日本語教師への道が近づきます。
日本語教師を養成する為の課程を設置している大学も有り、
それらの科でしたらより日本語教師になる為の学習を行う事が出来るでしょう。
主専攻でなくても副専攻で履修する事も可能です。

大学で日本語に関係する学科でしたら日本語教師への道は多くありますので、
その中で自分の行きたい大学を選んで学んでください。
大学を出ていなくても日本語教師に関係する資格を取得して努力をアピールすれば
教職に就く事は出来ますが、やはり大学で正規の教育を受けた人の方が採用されやすいです。
大学では日本語に関して幅広く学びます。

日本語教師として大学で学ぶことの必要性

教育論や心理学も学ぶはずなので、日本語教師としてかなり資質と教養のある人材に育ちます。
日本語教師になるのに大学で学ぶ事は決してマイナスにはなりません。
日本語教師を目指す方は出来れば大学に進学してください。
大学は国立でしたら学費もそうかかりません。

資金的に余裕があるなら私立を選んでも大丈夫ですし、
アルバイトをして学費を稼ぐ事も出来ますので大学進学は諦めないでください。
ただ、すでに高校や大学を卒業して社会人になっている方が
日本語教師を目指す為に大学に進学するのは今の生活もありますからハードルが高いです。

そういう方は無理せず検定試験等を受験して日本語教師として
認められる能力を身に付けてください。
社会人には学生にない社会経験と言う強みがあります。
日本語教師としてその社会経験はプラスになりますので、
社会経験のある強みを活かして就職活動を行うと良いでしょう。

また、海外の学校でも、
日本語に関係する学科が設置されている大学もありますから、
将来的に働きたい国で勉強をすることもできるでしょう。
留学は国内で学ぶよりも大変ですが、昨今は海外で学びたい人を
支援してくれるサービスや機関も少なくありません。

参考:アメリカ留学(正規留学・短期留学・MBA取得)なら、NCN米国大学機構

働きながら大学へ通う

どうしても大学に通いたいなら夜間大学に通うと言う手もあります。
二部の夜学でしたら昼間仕事をして夜大学で学ぶと言う事も出来ます。
学費も夜学は半分くらいですから学費の負担も少なく勉強出来るでしょう。
日本語教師は人に日本語を教える仕事であり人に勉強や生き方を教えるわけですから、
自分が苦労して勉強する事が出来ないのに教師になることは出来ないのではないでしょうか。
大学に進学するのは大変ですが、何とかその難しいハードルを越えて高度な教育を受けてみましょう。
日本語教師として生きていくのは大変な事です。
その道に本当に進みたいのでしたら、大学へ進学する努力も怠ってはいけません。