将来性はあるのかどうか

【Q】日本語教師として働いていくには将来性があるのかどうかがとても気になりますが、ニーズや雇用性は大丈夫なのでしょうか。

【A】日本語教師の将来は、特に暗いとは思われませんし、明るいと言えるでしょう。
今は国内で就職先が少ないので恵まれているとも言えませんが、さらにこの状況が悪化するようにも思えません。
今後は日本語教師の職や環境は良い方向に進化していくでしょう。
日本語教師として高い能力が無いと安定した職場を得る事は厳しいですが、今後は少なくとも今よりは全体的に職を得やすくなるでしょう。
日本語教師になりたいと言う人が今後爆発的に増えるとも思えません。
おそらく今がピークな状態なはずなので、今度はゆるやかにかもしれませんが、雇用環境も改善されるでしょう。

一方、海外での日本語教師の口は今まさに増えています。
特に東南アジアの地域で日本語教師が求められていますから、国内と海外と両方で働き口を探せば、就職がグっと近づくはずです。
日本語教師として将来ずっと働いていく事が出来るか不安かも知れませんが、日本と言う国は世界中の国の中でも興味を持たれている国ですし重要な国でも有りますし、尊敬もされている国です。
日本は経済も技術も美術も医術もあらゆる分野で優れている先進国ですから、日本語を学んでそれらを吸収したり、ビジネス関係を築きたい方は沢山居ます。
そういった方達が居る限り日本語教育の市場は無くなりません。
日本語教師の将来は明るいと言う事が出来るので、日本語教師になりたいと思う方は、将来について不安に思う事無く、その夢に向かって打ち込めば良いと思います。
私自身も日本語教師として、これからに期待しています。
私が日本語教師になった頃よりも、その働き口は海外で特に増えていますよ。
国内の求人が昔より減少しているのは事実ですが、他の産業に比べると持ちこたえている方ですし、今後は国内での日本語教室も増えていく事でしょう。
日本語教室の需要が高まれば、自分で教室を開業しても充分やっていけるはずです。
日本語教師として経験を積めば開業も可能な仕事なので、「今なら自分で開業してやっていける」と自信がついた時には、自分の教室を開業するのも良い考えです。
日本語教師として実際に教える事が出来るスキルを持った人は、実は少ないのが現状になります。
資格だけを持っていたり、日本語だけしか話せなかったり、そういう人は新卒でも無い限り採用しにくいので、実際に日本語教師として仕事を任せる事が出来る人材が不足しています。
ですので日本語教師として優れたスキルを持っている方でしたら、今でも職場は沢山ありますし、海外でも好きな所で活躍出来るでしょう。

日本語教師として一流の人材になるか、仕事を得られない肩書きだけの存在になるかは皆さん次第です。
日本語教師として認められる為に出来る事は沢山あります。
自分を高める努力をしていけば、必ず「日本語教師として働いて欲しい」と言ってくれる所が有ります。
日本語教師の将来は明るいと言えますが、将来活躍する為には今を切磋琢磨しないといけません。
自分が努力する事が出来る人が、人を教える事が出来るのです。