英語が話せないとダメなのか?

【Q】日本語教師を目指しているのですが、
日本語教師になるには英語がぺらぺらじゃないとだめなのでしょうか。

【A】結論を言うと、海外で日本語教師を行う場合は英語を用いてコミュニケーションを取る場合が多いので、
ぺらぺらに近いレベルで無いと難しいです。
日本国内で日本語教師を行う場合は、日常英会話程度で大丈夫です。

しかし日本語を教えると言うのは語学を教える仕事なので、
自分が母国語以外の英語を自由に話せないレベルですと、資質を問われるかも知れません。
自分が外国語が話せないのに、生徒に外国語となる日本語を教える事が出来るのか疑問に思われても仕方無いでしょう。
日本語教師は日本語学者では有りませんし、日本語の達人でもありません。
あくまでも日本語教師なので、日本語が分からない生徒に日本語を教える為には、
日本語以外の言葉を用いなければいけないのは言うまでも無いでしょう。

英語で無くてもかまいません。
フランスで日本語教師をしたいならフランス語が話せれば良いですし、
ドイツでしたらドイツ語が話せれば良いでしょう。
要は教える生徒が理解出来る言葉を話す事が出来ると言う事が条件です。
英語が公用語の国が多いですから、英語を話せると英語圏の人に日本語を教える事が出来ると言う意味で、
日本語教師に英語が必要とされています。
日本語教師は直説法で日本語を教えるので英語力は必要ないと言われる事もあります。

直説法とは日本語だけを使って教える方法で、言葉の他に絵などを使って教える事も含まれるのです。
一見日本語を日本語だけ使って教える事は可能のように思えますし、
簡単な単語を教えたりするレベルか、もしくはすでに日本語がかなり理解出来るレベルなら日本語でも教えられます。
しかし日本語が分からない生徒に、日本語だけを使って教えるのは至難の業です。
まず無理と言って良いでしょう。
それが可能なら日本語の本を読んで自分で勉強できるはずです。
日本語+外国語の能力は、日本語教師として仕事をするには必須といえます。
日本語しか話せないでも大丈夫な所も確かにありますが、それはごくわずかな例で、
ごく簡単な初心者向けの教室か、ごくわずかな上級者向けのクラスだけです。

日本語しか話せない教師の需要は少なく、日本語しか話せない教師の数が非常に多いのが実情になります。
日本語しか話せないと日本語教師として働く事は難しいですし、働けたとしても変わりが沢山居るので薄給ですし、雇用も不安定です。
厳しい事を言うかもしれませんが、日本語を教える仕事をしたいなら、まず自分が外国語をマスターしてください。
少なくとも英語が日常英会話程度には出来るようにしておきたいですね。
昨今の学習方法としてスクールに通うことだけでなく、スカイプ等を使いオンラインでレッスンを受けることもでき
質の高いネイティブ講師も在席していると人気が広がってきています。
【参考】産経オンライン英会話( https://learning.sankei.co.jp/ )

何の世界でもそうですが、一般的に思われてるイメージと実情は違います。
英語が話せなくても日本語教師になれる場合もごくわずかにありますが、普通は非常に不利な状態なので仕事に就けません。
日本語だけしか話せない日本語教師の多くがそのような現状にある事を理解し、
日本語+英語なり外国語は必ずマスターするようにしてください。