海外で働きたいけど、仕事先はあるの?

【Q】日本語教師として海外で活躍したいと思って勉強中なのですが、仕事先はちゃんとありますか。

【A】海外で日本語教師として働きたいけど仕事先はあるのかと言うと、沢山あります。

日本語を学びたいと言う生徒は世界中にいます。
「日本語教師として仕事がしたい」その決心を持って海外での働き口を探せば、求人を見つけるのは難しくないでしょう。

しかし海外で日本語教師として働くには資質が必要であり、高い能力が必要になります。
まず日本語だけしか話せない場合は難しく、そんな教師が海外で雇われる可能性はほとんどありません。
海外で働きたいなら海外で普通に生活し、現地の人とコミュニケーションを取るくらいの言語能力は身に付けてください。

次に、日本語教師として信用される人物である事も大事で、できればそれを裏付ける物があればアピールしやすくなります。
よく分からない人を日本人だからと言う理由で採用する所はありません。
あったとしても劣悪な環境で働かされるのは目に見えています。
そういった環境で働くと必ずトラブルに巻き込まれるでしょう。
きちんとした雇用先は、きちんとした人物を求めるのは当たり前の事です。

まず1つ目は日本人である事がしっかり証明出来るということ、そして2つ目が広く知られる学校を出ている事が証明出来る、
3つ目が日本語教師として実力を証明出来る資格を持っている、4つ目は今までの仕事の経歴をきちんと証明出来るという事です。

上記のような条件をクリアしていないと、海外で日本語教師として働くのは難しくなります。
きちんとした職場で働くには、人物査定が厳しいのは覚悟をしてください。
または学校を経営している人や、先に日本語教師として働いている人がいて、その人の強い推薦を受ければ採用されるかも知れません。

「この人は信用出来る人で、私がこの人物について保証する」と言う後ろ盾があれば、
その推薦してくれる人の信用を自分の信用として得られますので、働く事が出来るでしょう。
海外に日本語教師の仕事は沢山ありますが、その職を得る為の信用を得るのが難しいと言えます。

信用が無くても採用される所もありますが、よく分からない所に勤めるのは避けましょう。
海外はみなさんが思っているよりも危険な面があります。
海外の危険な地域で良くない人に雇用されるとどうなるか言うまでもありませんし、現にそういう事件は良くあります。

海外で働くには海外の危険をしっかり理解する事が第一です。
ただ海外で日本語教師をしたいと言う理由で、どこでも良いと適当に職場を探して働いたり、
自分の熱意は必ず人に通じると妙な正義感で行動するのは危険です。
日本語教師として海外で働く時には、その国がどういう国であるか、
その国ではどういう地域や、どういう事に気を付けなければいけないかを知りましょう。

そして自分が働こうと思っている所は信用出来る所かしっかりと調べてから、石橋を叩いて渡るくらいの気持ちで渡航してください。
「とりあえず働いてみよう」みたいな気持ちで行くと大変な目に遭う事もあります。
そういった点に気をつけて、自分のスキルを高める努力を続けつつ、用意周到に準備をして海外で職場を探せば、
いずれ良い職場を海外に見つける事が出来るでしょう。