美しい日本語

世界の共通語と言えば、英語が良く知られていますよね。
このため、最近は日本人でも英会話を学ぶ人が本当に多くなっていると言われています。
とくに外資系企業で働く人にとって、英語を使うことができるのかどうかというのは死活問題にもなりがち。英語を使うことができれば就職にも有利であるということが解っているため、最近は小さなころから英会話教室などに子供を通わせ、子供の英会話の能力をアップさせるという親御さんもふえました。

しかし、私たちは英語に夢中になる一方で「日本語の大切さ」を忘れてしまいがちです。
英語を学ぶことに必死で、日本語がもつ魅力や美しさに関してはあまり注目されない…ということが、とても多くなっていると思いませんか?
私たちは忘れてしまいがちですが、日本語には本当に魅力がたくさん詰まっています。
優しい言い回しや「察する」という文化は、日本語だからこそ生まれたもの。
何より、日本語は響きがとても丸くて柔らかいです。
この様な日本語の魅力に気づいた外国人が、日本で日本語を学んだり日本文化を学んだり…というケースも増加してきました。外国人が学ぼうとしてくれる私たちの日本語について、もっともっと魅力を知っていくべきなのではないでしょうか。

「モッタイナイ」という言葉が産んだもの

みなさんは、数年前に「モッタイナイ」という言葉が海外で取り上げられたことをご存知でしょうか。
日本では普通に使われている「モッタイナイ」という言葉ですが、実は海外では非常に珍しい言葉で、この言葉の意味の重要性が海外に広まりました。
「モッタイナイ」という言葉には「大切に使おう」などといった前向きな意味が込められていますので、そういった意味を持っている言葉であることも称賛されました。
「日本だからこそ生まれた言葉」とも言われる「モッタイナイ」は、日本語の素晴らしさを象徴する言葉でもあると言われています。
こんな美しい言葉を持つ日本に、私たちはもっともっと誇りを持つべきなのではないでしょうか。

いつも使っているからこそ、私たちは日本語の美しさや素晴らしさを置き去りにしてしまいがち。
だから、このサイトで「日本語の美しさと大切さ」について、じっくりと学んでみて下さい。きっと、忘れられがちな日本語の素晴らしさについて、気づくことができるでしょう。
日本のいいところを見直すという意味でも、日本語の美しさについて振り返ってみることは必要ではないかと思います。