方言について

日本語の難しさを顕著にしたものと言われているのが「方言」の存在です。
日本各地にはこの方言が残っていて、各地でそれをみることができますよね。
その土地に住むと、その土地でしか通じない日本語を見ることができて、それは面白いかもしれません。
同じ日本語でも、その土地によっていい方も表現の仕方も違う。
これは面白いですよね。
しかし、方言を学ぶと「日本語は本当に奥が深い」と感じることもあり、複雑です。

方言の存在が、日本語をさらに難しくさせている

ひとつ確実なのは、方言の存在が日本語をさらに複雑にさせているということでしょう。
例えば、関西の方言をみると関東とはだいぶことなります。
関西だと、語尾に「~やん」「~や」など独特な言葉の使い方をしているものが多く、これが日本語の存在を一層難しいものにしているということが良く解ります。
これを関東の人に「使いこなせ」「理解しろ」と言っても、まず難しいですよね。
また、関西では「ありがとう」を「おおきに」と表現することがありますが、これも関西独特です。
この様に、まったくいい方がことなる方言がしっかり存在することが、日本語の複雑なところであり面白いところでもあるのでしょうね。
日本人だと、大体の意味が通じることが多いですが、これを外国人に理解してくれといっても無理な話です。
この方言の存在が、日本語の存在をかなり複雑にしていることはまちがいありません。

とはいえ、方言が日本語をぐんとむずかしくしているのも確か

とはいえ、日本語の存在が日本語の難しさを一気に加速させているということも現実です。
方言の中には、日本人でさえ聞いても良く理解できなうようなものもあり、それを聞いてみると日本語の複雑さというのが一層よく解るようになるでしょう。
日本人でさえ理解しにくいこの日本語のケースを、外国人に理解してほしいと思ってもまずそれは無理ですので、注意をしなければなりません。

方言というのは、やはり何らかの理由があって作られたもの。
そのあたりの歴史を調べてみると、面白いことが解るかもしれません。
各地の方言について調べてみることで、日本語の奥深さがよりしっかりと解るようになるのかもしれませんね。
各地で方言についての講演会やイベントがあることもありますし、資料がある場合もありますので、気になる人はこういうところで方言について学んでみてはいかがでしょうか。きっと、その土地のことがさらに深く理解できるようになりますよ。