日本語の魅力

私たちが知らない、日本語の魅力

日本語というのは世界から見ても魅力がたくさんあり、そのことが多くの外国人から指摘されているにも関わらず、なぜか日本人だけがそれに気づいていないということがとても多いです。
日本人というのは、なぜか日本という国のいいところを置き去りに考えてしまうことが多いので、日本語が持つ魅力に関してもあまり前向きではないように思いますよね。
でも、日本語にはとてもいいところがたくさんあって、だからこそ多くの人に支持されているのだということを知ってください。
ここでは、日本語が持つ魅力についてご紹介をしてみたいと思います。

日本語にある「相手を大切にしよう」という思い

日本語というのは、一つの意味に対したくさんの表現技法があることが特徴です。
例えば「書く」という言葉も「執筆をする」などという言葉に置き換えられるように、ひとつの言葉が多数の意味を持っているということも少なくありません。
なぜこんな風に言葉がたくさんあるのかというと、日本人には「相手に正しい言葉を使い、そして不快にならないように話をする」という奥ゆかしさがあるため。
「相手をできるだけ大切にできるような言葉を使おう」と思っていたら、言葉がたくさん増えてしまった感じです。年配の人にはしっかりした日本語でお話をして「尊敬しています」と思わせるのがいいけれど、これがお友達同士になるとそうはいかない。そういうことってたくさんありますよね。お友達同士で敬語を使ったら、「なんだかよそよそしい」になり、それはとても嫌なことになってしまいます。
だからこそ、日本語というのは相手によって使い分けをすることができるように、意味がたくさんあるのです。
だからこそ覚えるのは大変ですが、「やりがいがある」という考え方をすることもできますよね。

学びがいがある言語です

上述したように、日本語の使い方というのはとても奥が深いため、正しい日本語を探るという意味で「学ぶ」ということはとても大切なことになります。
この「学ぶ」ということが、本当に楽しい。
正しい日本語を身に着けるということは、言葉や文字に対してそれだけ詳しくなるということですので、学ぶということが本当に楽しいものになります。

外国人だけじゃなく、日本人が学んでもたのしい日本語。
そんな日本語だからこそ、学びがいもあり何歳になっても深めることができるのです。
外国人だけでなく、日本人が楽しむこともできるのが日本語の素晴らしさですね。