難しい日本語

日本語はとっても難しい

言語というのは、それを使いこなす人以外はとても難しいものです。
私たちだって、日本語はすらすら喋ることができるようになったとしても、英語を理解できるのか?といったらそうではないでしょう。
英語と日本語ではまず文法から異なりますので、英語を聞いても「意味が良く解らない」というひとはたくさんいるのではないかと思います。
しかし、実は外国人からみると日本語というのは非常に複雑で、大変なものであることが解っています。
なぜ、外国人からみるとそこまで日本語が難しいのでしょうか。その秘密についてみていきましょう。

日本語の複雑さを考えてみよう

まず、日本語というのは本当に難しいものであることを考えなくてはなりません。
私たちは普段何気なくつかっていますが、ものをあげるときに上げる側は「あげる」といいますよね。でも、それを受け取る側からすると「もらう」になる。この使い方だけでも相当難しいです。
外国人が日本語を使うと、「私にくれるの?」というところが「私にあげるの?」になってしまうことも少なくありません。ここに、日本語の複雑さをみることができるでしょう。
このケースからも解ると思いますが、外国人からすると日本語というのは本当に複雑で、分かりにくいものであることが解ります。

言葉の種類がたくさんある

また、日本語というのはとにかく言葉の種類がたくさんありますよね。
「あげる」という日本語も、「差し上げる」「譲渡する」など、色々な言い方に置き換えることが可能です。
そして、そのすべてに意味があり、私たちは相手によって言葉を使い分けながら対応をしています。
私たちが何気なくやっているこの「使い分け」が、実は海外の人から見ると非常に複雑で、難しいものなのだそう。確かに、このあたりの使い分けというのは同じ日本人の私たちから見ても難しく、日本人からしても難しいというケースがたくさんあります。
そのことを考えると、外国人が理解できないというのもある意味で仕方がないのかもしれません。

日本人でさえ、ここまで難しい日本語。
外国人が「難しい…」と思うのも当たり前ではないでしょうか。
難しいからこそ日本語は奥が深く、また学びやすいとも言えますが、この複雑さが日本語を一層マスターしにくいものにしていると考えて良いでしょう。
日本印のあなたなら、そんな日本語の歴史についてまとめるなどしてみると、面白いかもしれません。