日本語の特徴

知っていますか?日本語の特徴

知っている様で知らない、私たちの「日本語の特徴」についてみていきましょう。
どんな言語でもそうですが、そこにはきちんとした意味や特徴があります。
そういた特徴をしっかり学ぶことも、日本語教師には必要なことなのではないでしょうか。
では、日本語にどんな特徴があるのかをご紹介します。

「文字」を使って表現をすることの違い

よく言われるのが、日本語というのは「音」と「字」の両方を使うということです。
日本語は、漢字とひらがなを組み合わせて言葉を作っているために、仮にその漢字を読むことができなかったとしても大体の意味が通じますよね。文字の意味から、「ああたぶんこういうことを言いたいんだな」ということは解るようになっています。
しかし、英語は違います。
アルファベット単体を見ても、そこに意味はありません。
また、完全に音を使って表現するために、正しい発音でなければ相手に正しい意味が伝わりません。
日本語の場合は正しく発音しなくても大体の意味が伝わりますが、英語の場合は発音が命!みたいなところがありますよね。これはとても大きなことです。
英語の難しさというのは、発音が正しくできないと「とんでもなく失礼な言葉になって相手に伝わってしまう」ということ。それが、英語の一番の難しさです。
ただ、日本語の場合は覚える文字の絶対数が非常に多いので、そちらを覚えるという大変さもありますね。

響きが柔らかい

よく海外で言われるのが、日本語というのは響きがとても柔らかいそうです。
ひらがなをみると良く解りますが、確かになんとなく響きが丸くて優しいイメージがありますよね。そのようなことがあるからこそ、日本語は響きが柔らかく感じるのかもしれません。
同じ言語でも、世界には「どうも響き自体が怒っている様に聞こえる」というものもありますので、そういった言葉と比較をすると柔らかい言語なのかもしれませんね。

丁寧な言葉が多い

日本語には、同じような意味の言葉がたくさんあります。
例えば「行く」には「伺う」という言葉もあるし、「顔を出す」という言葉もあります。
その時や相手によって使い分け、それが相手にとっての配慮となるケースも多いのですが、英語にはこの様なことがあまりありません。
日本語のことを知ると、本当にたくさんのことを学ばなければならないのだということが良く解ります。
そのことを考えても、日本語をまなぶのは大変なことであるというのが解るでしょう。