手紙の書き方

正式な書き方を知っておくと便利

最近はインターネットが普及したことから電子メールで簡単に意思疎通が図れるようになったことで手紙を書く機会が減ってしまいました。
簡単な伝聞であればメールでも良いですが、改めて自分の気持ちを伝えたいという時には手紙を書いた方がしっかり気持ちが伝わります。
正しい手紙の書き方を知らないという方が多いので、改めて日本語における手紙の書き方を再確認してみましょう。

頭語と結語

一般的な手紙の書き方では頭語で始まって結語で終わるという形式になります。
最も多く使われているのが拝啓と敬具の組み合わせです。
どのような言葉を使うべきかわからないという場合にはこの組み合わせを覚えておけばオールマイティーに活用できます。
目上の方に対して手紙を書く場合には謹啓と謹言という組み合わせになります。
拝啓と敬具の組み合わせよりも更に丁寧な言葉になりますので、この組み合わせを使っている人は正しいマナーをわきまえている人だと高く評価されるでしょう。

親しい間柄の人に対しては前略と草々という組み合わせがよく使われます。
前略という意味は前文を省略させてもらって失礼しますという意味が込められています。
お手紙を頂いた方に対して返事を書く場合は拝復と敬具という組み合わせになります。
お手紙を拝見させてもらいましたという意味の頭語になります。

時候の挨拶

正式な手紙を書く場合は頭語の後に季節感のある挨拶を入れるのが一般的です。
これは日本ならではの美しい文化を象徴するもので、季節感のある挨拶で始まる手紙は風情を感じさせる伝統に由来しています。
定型文のような時候の挨拶も色々ありますが、自分なりにアレンジをして気持ちが伝わるような挨拶にするのもおすすめです。
親しい間柄の相手に対しても時候の挨拶を入れますが、堅苦しい挨拶ではなく少しカジュアル感のある親しみを持てる内容にしてください。

結びの挨拶

時候の挨拶の後は手紙の本題を書き、最後に締めの言葉として結びの挨拶を入れます。
どのような手紙の内容なのかによっても異なりますが、個人的な手紙の場合は相手の健康を祈る挨拶を、ビジネスシーンでは相手の会社の繁栄や個人的な活躍を祈る挨拶を入れます。
あくまでも形式張った挨拶にならないようにして、心を込めた内容にするのがコツです。
結びの挨拶を入れたら頭語に適した結語を入れて完成です。

忌み言葉に注意

TPOに適した手紙を書く場合には気付かないうちに忌み言葉を使用していないか確認しましょう。
例えば結婚をお祝いする内容の手紙を書いた場合、別れを連想させるような言葉を入れていないか確認してください。
例えば終わる、離れる、割れる、冷める、切れるなどの言葉は全て別れに繋がるような言葉なので、これらを使用していないか見直してから手紙を送りましょう。